1. »
  2. »
  3. » 2014年9月

2014年9月アーカイブ

法廷ものを題材にするドラマも結構ある。 司法関係者が主人公になる場合、どうしても主人公の役割に光が当てられて、その他の役割はなんか悪役っぽく描かれることもこれはやむを得ない。

 ただ、それはいいとして、基本的な視点を疑ってしまうようなシーンが目に付くと、ちょっと待ってよ、という感じになる。 フェースブックなどで、このドラマを批判していた同業者の人もいて、同じように感じてたんだ、確かにそうだな、と思うこともいっぱいあった。

 最終2話は、いわゆる「えん罪」を1つのテーマにしていた。 それ(えん罪)を罰してしまったかもしれない、という元検事がえん罪を作り出してしまったことを悔やみ、検察官をやめる、というか、司法の世界から足を洗った、という設定である。

 えん罪というものは、普通、間違った逮捕から始まり、(国際的には異常に長期の)勾留期間での取調をへて、典型的には、真犯人と見誤り起訴してしまう、それを裁判所も見抜けないまま、有罪判決が出てしまう、という構造となる。
 有罪判決が確定するまでは、「無罪推定」といって、目の前の被疑者・被告人が無罪かもしれない(少なくともその可能性がある)ということを前提としてそれぞれの手続等は進められなければならないはずである。

 ところが、HEROの1シーン これから取調を始めます、という時期の検察官と検察事務官とのやりとりの中で 目の前の被疑者をとらえて 「こいつは被疑者」 と扱われていた。 えん罪を作り出したことを悔やんで、司法界から足を洗ったという人を取り扱っている同じ話の中で、間違った逮捕かもしれない(少なくともその可能性のある)、という段階ですでに「こいつ」扱いである。

 個人的には、感覚的に、有罪が確定しても「こいつ」とはいいたくないが、それはともかく、このドラマの中では、えん罪者と被疑者が完全に切り離されている、としか考えられない。 被疑者の中には、一定数はやってもいない人(えん罪)が含まれている。 たまたま後にえん罪が明らかになった人でも、以前は皆「被疑者」だったのである。

 ドラマの中では、えん罪を作り出した「反省」は全くないというしかない。

 ドラマだから、面白おかしく描ければそれでいいのかもしれない。 しかし、「被疑者」=「有罪」という思い込み(逮捕されたら一件落着、というような報道を含めて)をこれ以上助長させないことを願う。 ましてやそれを「正義」とはいってほしくない。 
 思い悩んで、司法界を去ることを余儀なくされるほど重大な問題なのだから。

略歴

滋賀県甲賀郡
(現甲賀市)出身
水口東高校卒
立命館大学卒

1997年
司法試験合格(52期)
2000年
弁護士登録
京都法律事務所入所

京都弁護士会所属委員会:刑事委員会、交通事故委員会、
死刑制度調査検討プロジェクト、
市民ウォッチャー京都幹事
日弁連 接見交通権確立実行委員会
青法協京都支部事務局

趣味等
登山、野球、サイクリング、愛犬との戯れ、etc
京都弁護士会野球部所属

再審冤罪事件(日野町事件)
不正公金支出返還請求事件(同和奨学金・京都市議会議員海外旅行・同和経営指導員補助金等)
学生無年金事件
消費者被害事件
道路設置管理の瑕疵
接見妨害国賠請求事件等

一般民事事件(借地借家・不動産各種契約・交通事故・債権回収・売買等)
家事事件(離婚・離縁・相続・成年後見・遺言・親子関係・財産管理等)
労働事件(解雇・賃金未払等)
債務整理・破産申立事件等
刑事事件
少年事件
行政事件
その他

弁護士となって15年余が過ぎてしまいました。様々な経験も積ませてもらいましたが、日々新たなことに出くわし、戸惑うことも多くあります。法的にどうすることもできないこともありますが、できる限り誠実に対応できるように心がけようと思っています。
法律問題になるかどうか悩まれているときでも、とりあえず聞いてみてください。気楽に相談ができるようになりたいと思っています。