1. »

スタッフブログ

12月の相談予約はお早めに

寒さも厳しくなりました。
師走の足音もそこまでに迫ってきています。

先週、11月半ば時点での弁護士の予定をもとに、12月の新規あるいは再相談の予約受付表を作成していたのですが、この空いている相談枠も、裁判、打合せ、現場の予定でどんどん埋まっていくことが容易に想像できます。

当然のことながら、新規あるいは再相談のご予約の日時がご希望に添えなくなることも多くなり、日程の調整に苦労したり、相談者様にご無理をお願いすることもあります。

当事務所には6人の弁護士がいますが、その6人が毎日ご相談をお聞きできるわけでもありません。
「弁護士の人数が多いから当日や前日に電話すれば大丈夫だろう」と思われるかもしれませんが、ところがところが、なのです。

弁護士は、前日にご予約が入っていなければ、現場や打合せの予定を入れたり、書面の起案の当てたりすることがよくあります。
当日にお電話を頂いて、運良くご相談いただける場合もありますが、まさに「運良く」です。

12月は、皆様にとっても気忙しい時期ですが、だからこそ、相談をご希望される方は、お早めにお電話ください。

 

20171121 相談室.jpg

 

写真は事務所の相談室です。窓の向こうに見えるのは比叡山です。
年が明けると雪化粧が見られることも多く、相談室を片づける際にときおり眺めては、冬の深まりを感じます。
相談室ってどんな部屋なのかなと興味がおありの方もいると思うので写真をアップしてみました。
古い雑居ビルなので、内観外観ともに烏丸付近の新しいオフィスビルには太刀打ちできませんが、裁判所に近いという利便性最優先です。

 

 

 

 

 

京都競馬場へ

競馬場.jpg 先日、京都競馬場へはじめて足を踏み入れました。
とは言っても、レースではなくて、子どもが遊べる公園が併設されているので、そちらが目的です。
まだ学生時代のことですが、競馬場の近くまで赴いた帰りに、電車のなかで隣合わせた中年男性に、「まさか競馬帰りではないよね」と話しかけられたことがあります。
大学の用向きの帰りだと伝えたところ、「へぇ~、頑張って勉強して偉いね」、「私の息子もあなたと同じくらいだと思うけど、学生なのに実は競馬にはまってしまってね...」と愚痴を聞いたことがあります。
今回も、学生と思しき青年らが「京都と明日の晩飯代稼ぐぞ~」と盛り上がっていました。
スタッフはギャンブルには全く興味もないですし、簡単にギャンブルに手を出せる日本の環境は憂えているところなのですが、実のところ、宮本輝さんの『優駿』を学生時代に読んで以来、なんとはなしに競馬の美しさには憧れており、裏方の様々な仕事にも興味があったので、念願かなっての競馬場といったところでしょうか。

はじめて間近で見る競馬の馬はやはり綺麗でした。芝生の緑、空の青、明度の高い澄んだ馬場の風景は鮮やかでした。
観客席には様々な風貌の人がいます。スタッフのように子どもを公園に連れてきたついでに覗いている人、いかにもな様子でペンと新聞を手に持つ人、くいいるようにレースを見る人、車いすに乗った親に付き添っている人、ビール片手に芝生に寝ころぶ人、上品な老夫婦、ほんとうに様々です。
人々の思いに色をつけるとしたら、優しい色もあれば、ほの暗い色もあり、観客席は複雑な混沌とした色になりそうです。
観客席と馬場と、その対比がおもしろく、はじめての競馬場はなかなか興味深いものでした。

季節は秋へ

芙蓉.jpgご近所の芙蓉が二階のベランダにまで届くかの勢いで繁っています。
芙蓉は朝に咲いて夕方にはしぼむ花、儚いイメージがありましたが、ここまで繁るとたくましいです。

お彼岸を過ぎると、事務所でお客様におだしするお茶について、つらつら悩みはじめます。
冷茶から温かいお茶に切り替えるタイミングをいつにするかということです。
この時期は室内にいますと温かいお茶でも気にはなりませんが、外から来られるお客様には冷たいお茶のほうがいいだろうと思われる気候の日もあります。
また、一日のなかでも、朝一番のお客様、日も暮れてからのお客様には温かいお茶が気が利いているとも思うのです。
けれども、お茶の温度の好みは人それぞれでしょうし、なかなか難しい問題です。
結局は、無難に10月1日に冷茶から温茶に切り替える、というところに落ち着いてしまいます。

夏の疲れ、朝夕の寒暖差、体調を崩す理由はそこかしこに転がっている季節の変わり目です。
皆さまもどうぞご留意ください。

夏の名残

 

20170904 名残の朝顔.jpg9月に入り、朝晩すっかり涼しくなりました。
近所の朝顔の花も色が褪せ、小ぶりなものが目に付くようになりました。
事務所の相談室も窓を開けていれば風が入って気持ちが良いのですが、風が強すぎて書類が吹き飛んでしまうことがあり、窓は閉めていることが多いのです。
京都御所が北側にあり、気持ちの良い風が入るのにもったいないなぁと残念です。

最近は、9月1日が始業式、というものではないそうですね。
授業時間の確保のために夏休みが短くなっていると聞きました。三期制ではなく二期制だとか、少人数学級だとか、英語教育の早期化だとか...。
子どもをめぐる環境はクルクル変わっていて、子どもはもちろん、教師も保護者も対応するのに大変そうです。かくいうスタッフの子どもも来年は小学校にあがりますので、他人事ではいられません。

そういえば、なんと、裁判所にも夏休み(夏期休廷)があります。
役所なのでお盆休みはありませんが、裁判官にもよるものの7月後半から8月中は裁判の日程はぐっと減ります。

お盆真っ最中に裁判が開かれることは稀なのですが、今年は当事務所の弁護士の担当する事件で、お盆の期間に裁判が開かれたものが1件ありました。(ちょっとびっくりしました。)

そのため、夏期休廷後の裁判ラッシュとでも言いましょうか、9月に入ってからは弁護士も慌ただしく事務所を出入りしています。

季節の変わり目なので、体調管理も難しい時期です。
食事と睡眠をしっかりとって残暑を乗り切りたいですね。

 


 

8月6日の朝

8月に入ると、自然と目が夾竹桃を探します。濃い緑の葉と白い花、もしくは赤い花のコントラストが鮮やかな夏の木です。

学生時代、新聞配達をしていた先輩のかわりに、8月6日の前後1週間ほどを私ともう1人の友人と交替で配達をしていました。

「夏休みとるし、お願いな~」と、先輩が京都にいる間、そして私が学生でいる間、毎年のことでした。

先輩は広島の出身で、8月6日にはどうやら広島に戻られていたようです。帰省するとも何もおっしゃられていませんでしたが、休み明けには、もみじまんじゅうをお土産に頂いていたと記憶があります。

私は大学1年生のとき、原水爆禁止世界大会に参加したのがはじめての広島です。

8月6日の朝、目に痛いほどの太陽の光、街路樹の夾竹桃の緑の葉、赤い花、白い花、喪服の黒。

優しい色など何一つ存在しない、何もかもが混じりけのない原色で彩られた、強烈なヒロシマの印象でした。

翌年からは先輩のかわりに新聞配達をしていたので、学生時代に8月6日の広島を訪れたのは1度きりでした。新聞配達の最後のお宅(団地)には、夾竹桃が真っ盛りで、その夾竹桃を見上げて、ヒロシマに思いを馳せるのが、私の学生時代の8月6日の朝でした。

 

今年はご縁があって、あるお寺で8月6日の朝を迎えました。この時期に目立つ花がそれしかないのか、やはり私の目が無意識にとらえるのか、お寺の近くには夾竹桃の白い花が咲いていました。

 

みなさんは、8月6日の朝、どのように過ごされたでしょうか。

 

 

スイカは何色?

京都よりはず~っと西にスタッフの実家はあります。

その実家の父が、リュックサックにスイカ1玉詰め込んで京都に遊びにきてくれました。

スイカに大喜びの子ども(父にとっては孫ですね)でしたが、いざ切ってみると・・・

 

黄色のスイカ.jpg 

黄色。

 

淡いきれいな黄色です。

子どもは、見慣れない黄色のスイカを口にしようとしません。

スタッフのパートナーもスイカは苦手です。

つまり、我が家でスイカを食べるのは私しかいないのです。

せっせせっせと食べていますが、背筋がすーっと寒くなります。

スイカはとても体を冷やす食べ物だということが非常に実感できるのでした。

食べ過ぎには注意ですね。

事務所だより最新号

年2回発行している事務所だよりの最新号ができました。

事務所だよりは、関係団体様や当事務所のニュース会員の方々にお送りしています。

ここ数年、夏に発行する事務所だよりは「くらしの法律シリーズ」として、身近な法律問題を取り上げて解説したものを作成しています。

これまでには、離婚、相続、老後(遺言・後見)、労働などをテーマに取り上げてきましたが、今回は交事故がテーマです。

表紙が濃い青でだったので、ちょっと意外。これまではトーンの柔らかい色が多かったのに、なぜこんな濃い色目なのか。

うちの先生たちの趣味ではないような気がするなぁと思い、事務長に尋ねてみたところ、「青って意外でしょう? 道路標識の青色やねん。」 とのことでした。

・・・パンフの色にも意味があるんだと、とても納得してしまったスタッフです。(もしかして、これまでの事務所だよりの色にもちゃんとした理由があったのかも)

  

20170719事務所だより表紙.jpgのサムネール画像

本日は電話相談Day!

ずっと空梅雨でしたが、やっと雨が降りましたね。

スタッフの子ども(保育園年長)は、今日は伏見区の藤森神社のあじさい祭りに参加する予定です。

昨日の夜から「かっぱいるし! 傘さして行くし!」と楽しみにしていましたが、無事に参加できたのでしょうか?

大人は雨だと外出が億劫になるものですが、子どもは関係ないですね。

そんな雨降りの本日は、お電話での電話相談を承ります!

時間は、午後1時から5時までです。

専用番号 075-256-1888 になります。

簡単なアドバイスになりますが、ちょっと気になることを弁護士に直接お尋ね頂ける機会です。

どうぞご利用ください。

女性のお悩みなんでも相談会実施!

本日は、5月27日付京都リビング新聞でお知らせさせていただいた「女性のお悩みなんでも法律相談会」でした。

あいにくの空模様でしたが、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

6月中であれば、「リビング新聞を見ました」とおっしゃっていただきましたら、初回相談料は無料になります。

ご相談時間も通常30分程度のところ、1時間に拡大させていただきます。

ご遠慮なくお電話(075-256-1881)ください。

お電話の受付は平日は午前9時~午後6時、土曜日は午前9時~午後1時(日・祝日、第二土曜日は休み)です。

緑萼梅

事務所の近くの神社の梅がほころんでいま した。神社の境内に入ると、梅の香りがほんのり漂います。

緑萼梅(りょくがくばい)という品種だそうです。名前のとおり、萼(がく)が緑色です。あまり見かけない品種のような気がします。

2017.1.19.jpgのサムネール画像

昨年の春先にふらっと神社に立ち寄ったときに、はじめてこの梅の木の存在を知ったのですが、すでに花の盛りは過ぎた後...。とても残念でした。

来年は咲き初めから見たいなぁと思っていました。

 

冷え込みが厳しい日が続きますが、日常の柔らかな温もりを発見しながら日々を過ごしたいものです。

藤袴

20161018藤袴.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

事務所の近くの寺町通りのお寺さんに藤袴の鉢が並んでいます。

絶滅危惧種に指定されている藤袴ですが、京都市では行政をあげて保存育成活動に取り組んでいます。

そのおかげか、ここ数年、ちらほらと街中でも藤袴の鉢をみかけることが増えてきました。

秋の七草の一つでもありますが、京都市はここ数日、長袖では汗ばむくらいの陽気です。

この写真を撮っているときも掌を蚊に刺されました。

刺された場所が場所だったせいか、夏場のように腫れあがることもなく、うっすらと赤くなった程度でした。

 

...でも、地味に痒いです。

 

 

 


 

数日遅れの・・・ハッピーハロウィン!!!

 久しぶりのスタッフブログ更新となりました。


 ここ数年、ハロウィンがクリスマスやバレンタインデーに並ぶ通年イベントに加わりましたね。

 私の子どもの頃(いつ?)は、ケーキ屋さんが10月頃になるとかぼちゃのオバケジャックオーランタンを飾るくらいだったのに。

                                                                                 DSC_2754.jpgのサムネール画像

 我が家でも、街中で盛りあがっている仮装パー

ティとまではいきませんが、ハロウィンといえば!

のオバケやコウモリ、もちろんジャックオーランタ

ンの型抜きクッキーを焼きました。 

 

 型を抜く時は4才の長男にも手伝ってもらいま

した♪


 50個ほどあったと思われるクッキーは、家族

4人で食べ、みるみるうちになくなりました。

 

 ・・・ごちそうさまでした。

安保法廃案へ所員も連日奮闘!

 戦争法案が重大局面を迎えています。

 国民多数の声を踏みにじる採択強行は、断じて許せません。

 集会、デモ、街頭宣伝に、所員も連日奮闘しています!

9月13日円山集会デモ.JPG

朝日新聞2015年9月17日.jpg

毎日新聞2015年9月17日.jpg

クライミング

岩登り①.JPG

 先週末、金比羅山に行ってきました。

 岩陵歩きと岩壁でのクライミングの練習のためです。


 金比羅山は岩場が多く、格好の練習の場となっていて、休日には多くの岩好きの人たちがやって来ます。


 この日は、まずY懸尾根という岩場が続く尾根を頂上までフリークライミングで登り、スタート地点まで下りるという岩稜歩きを2回繰り返しました。

 湿度が高かったため、登り始めてすぐに汗だくになりました。


岩登り②.JPG

   その後は、10mと25mの崖を、ロープを使って下りる下降訓練をし、最後は「ホワイトチムニー」という名の岩壁でクライミングの練習をしました。


 岩稜歩きも、下降訓練も、やっていてとても気持ちがいいですが、一歩間違えれば大けがや死につながる危険があるので、油断は禁物です。


 結局、この日は朝から夕方までトレーニング三昧だったので、体はクタクタになりましたが、とてもリフレッシュできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トレーニング

 少し前からクライミングのトレーニングをしています。


 山の岩場ですることもありますが、普段はもっぱら、高さ10mぐらいの室内人工壁での練習です。


 高さへの恐怖心はなくなりましたが、2時間もやると腕がパンパンになって、かなり疲れます。


 上級者にもなると、忍者のように壁をヒョイヒョイと登っていくのですが、そのレベルに到達するためには、今しばらくトレーニングが必要なようです。

トレーニング.JPG

エネルギーの地産地消

 原子力発電所の事故や再稼働が問題となっている昨今ですが、地方自治体をはじめ、各地で再生エネルギーを産み出し、地域を活性化させる取り組みが進んでいます。

 その大きなテーマは、「エネルギーの地産地消」です。

 
 たとえば、竹を用いたバイオマス発電。

 宮津市では、放置されていた竹林から竹を採取、加工し、あるいはペレットで、あるいはエタノールを製造して燃焼させ発電する事業が行われています。

 竹は、地元の住民が伐採したものを使い、発電用に用いるほか、抗菌剤や建材に用いられます。

 
 次に、食品残滓(食べ残し)を発酵させてえられるガスを用いた発電。

 京丹後市では、家庭の生ゴミや学校給食・企業の社員食堂から出る生ゴミを用いた発電が行われています。

 企業などから提供される生ゴミは、日常的かつ大量に生じるため、発電原料として供給を得やすいのですが、家庭ゴミの場合は地域住民の協力が必要です。

 生ゴミとその他のゴミを分別してもらわなければなりません。

 そのため、自治体ではいかに住民の協力を得られるかが課題で、地道な努力が積み重ねられています。


 食品残滓を用いた発電では残滓を発酵させてガスを得て発電します。

 発電量は、売電収入を得られる規模はありますが、独立した事業として運営できるほどにはなっていないとのことです。

 ガスを発生した後の残りカスは、農業用液肥(肥やし)として用いられています。

 液肥は、地域住民に提供され、特に水田の前肥、葉物野菜の肥料として有効活用されています。

 担当者の話では、「プチトマトが普通のトマトになってしまい、農家からクレームが来た」というくらい良い肥料だそうです。


 水が豊富な地域では、小水力発電が行われています。

 小水力発電では、小型水車が用いられます。

 京都市嵐山では、渡月橋にサイフォン式水車が設置され、産み出された電力は橋のライトアップなどに用いられます。

 奈良県吉野村では、主に緊急電源のため小川や農業用水くらいの水量でも発電できる発電機を設置しています。

 これらの小さな発電機は、ホームセンターで購入できる部品(自転車の発電機など)を用い、地域の住民が手作りで製作でき、そして修理することができます。

 
 冬になると積雪がある地域では、停電による孤立化に備える必要があります。

 住民が製作、修理ができる発電機であれば、緊急時でも集会所の電灯など最低限の電力を得ることができるメリットがあります。


 「エネルギーの地産地消費」という言葉には、単に電力を自力でまかなうことだけを目的とするのではなく、発電を通して「町おこし」、「地域復興」を目指すということも含まれています。

 実際、水車造りを通して住民が顔見知りになる、発電の残りカスを肥料として育った野菜を地域で消費する、エネルギー循環の仕組みを学校で子どもたちに伝える、という事例があります。

 さらに、将来的には発電設備の運営や原料の調達のために雇用を生み出そうという自治体もあります。
 
 
 いまは小さな取り組みですが、日本各地で発電を軸としたコミュニティーが広がり、「エネルギーの地産地消が当たり前」、「地域が職場」という社会が生まれることを期待します。

お店で野菜を買いながら

  ようやく春らしい暖かさになり、いよいよ菜園シーズンの到来です。

 

 冬の間はなんにもとれず、野菜はお店で買うのですが、店頭にならんだ形の整った傷一つない野菜たちを見ると、いつもなんとなく違和感を感じてしまいます。

 

 自分でつくる野菜は、虫が食ったり、形が不細工だったり、傷があったりするのが当たり前。

 

 当然、お店にはプロが作った、一定の規格をクリアしたものだけが大量に並んでいるわけですが、化学肥料や農薬を使わないと、こうはいかないだろうな。

 

 もちろん、化学的に作られたものは有害で、自然由来のものはすべて安心というような単純な図式化は誤りですが、虫も食わないような野菜を食べ続けて大丈夫なんだろうか? 「ただちに健康に影響はない」かもしれないけど、子や孫、そのまた子--と、未来にわたってもほんとうに安全だと断言できるのだろうか? そんなことを思ってしまいます。

 

 少しかすんだ春の空を見上げると、さあ畑仕事をはじめるぞ!と、ことしの収穫への期待はふくらみつつ、また休日はほとんど畑仕事と草むしりで終わってしまうなあ、やれやれという気持ちもわいてきます。

ファンって ありがたいねー

 うわぁ~ すごいひと!! なにがあるんやろ??

 通りから少し入った狭い道に、あふれて立つうら若き乙女たち。

 また、必殺スペシャルでもあるのかしら、、、。


 我が家の近くには松竹撮影所と東映撮影所があり、現代劇や時代劇の撮影が行われていて、たまに有名人を見かけます。

 「お目当ては誰かしら?」と思いながらレディ達の立つ小道を通り抜けたのは、午前中のこと。

 予定を済ませ戻ると「えーっ ! まだ いはるっ!!! 」 5時間は経過してるはず。


 現れるであろうスターより、楽しそうに待ち続けている彼女たちに興味を持ったものの、その人たちに声をかけることもなく帰宅。

 翌日には誰もいない、普段の静かな道でしたが、一瞬でも会えたのか、待った甲斐があったのか、気になります。

 
 それにしても、一瞬のトキメキを求めて、待ち続ける彼女たちの忍耐力は、すごい!

 私は、誰なら待てるやろ~、、、
             
 ん~~~、やっぱりムリかな~   f´-`;

春よ来い

  今週の初め、昼休みの時間に京都市役所周辺を歩いていました。

 この日の天気は快晴、寒さも幾分ゆるみ気温は高めでした。

 思いのほか日射しも強く、太陽がまぶしいぐらいでした。

 歩いていて、春の気配を感じました。


 報道によると、ちょうどこの日大阪城公園の梅林も開花したそうです。

 いよいよ待ちに待った春がやってきますね。


 春になったら行きたいところや登りたい山がたくさんあります。

 春がやって来るのが待ち遠しいです。^0^

 

春よ来い.JPG

 

 

チョコっと憲法カフェに参加してきました!

 2月14日(土)の午後、「京都から平   チョコ1.jpg

和を紡ぐママの会」主催の「チョコっと憲法カフェ」に参加してきました。

 参加者は小さなお子さん連れのお母さんたちだけでなく、老若男女合わせて約30名ほど(+子どもたちいっぱい)でした。

 母娘による葦笛とリコーダーの二重奏で和やかに始まり、我らが古川美和弁護士が、日本国憲法とは何か、自民党の改憲草案とはどんなものか、この間の秘密保護法制定、集団的自衛権行使容認の閣議決定などの動きがどういう危険性をはらんでいるのかなどについて、パワーポイントを用いたわかりやすい説明をしてくれました。

 休憩タイムには、お茶と手作りチョコやクッキーでほっと一息。

 その後、参加者のみなさんで意見、感想交流をしました。

 「憲法については学校で習ったけど、忘れていることが多かった」

 「まわりのママ友とこういう話がしにくい」

 「無関心な人が多い事が一番怖い」

 「今のきな臭い動きをどうやったら止められるのか」

 「何でみんな選挙にいかないのか」

 など話はなかなか尽きませんでした。

チョコ2.jpg
 でも、「みんなできることから少しずつ動いていけば世の中は変わるし、運動する人がしんどくなってしまわないように、楽しくやっていけたらいいね」という意見や、

 「普段はなかなかそういう話できないけど、意外と話してみたら関心持ってる人もいるかも」という意見も出ていました。

 何より、この企画の中心になった若いお母さんたちこそ、ついこの前までは政治や憲法に興味・関心のなかった人たちなのです。

 だからやっぱりあきらめずに小さな声でもあげ続けることに大きな意味があると思いました。

 最後に、詩の朗読、ギターに合わせてみんなで歌ってお開きとなりました。