1. »
  2. »

サッカーアジアカップ

 先日、オーストラリアで開催されていたサッカーアジアカップが終わりました。


 優勝候補の筆頭で連覇が期待された日本は残念ながらベスト8で敗退してしまいました。

 大会期間中は友人たちと試合を観戦していたのですが、みな日本が優勝すると思っていたので、敗退が決まった時はしばらく呆然としていました。


 敗退後、決勝のオーストラリア対韓国戦を観戦しましたが、その場に日本が出場していないことがとても悔しかったです。

 試合の後、「これからの日本代表はどうしてゆくべきか?」友人たちと真剣にあーでもない、こーでもないと数時間かけて語り合いました。


 サッカー好きにとっては、今回の日本代表のベスト8敗退は、昨年のワールドカップ敗退よりもショックな出来事なのです。

 これまでヨーロッパや南米の強豪にいかにして勝つかが課題だったのに、足元のアジアであっさり負けてしまったのですから。


 今回の大会をとおして明らかになった日本代表の問題点は、①世界トップレベルとも言える得点力不足と、②固定の主力メンバーの高齢化です。
 
 得点力不足は今に始まったことではありませんが、かなり深刻な問題であるということが今大会で分かりました。

 願わくば全盛期の三浦カズのような選手の台頭が期待されます。


 課題は山積みですが、今後の日本代表の成長を見守りたいと思います。