1. »
  2. »
  3. »
相続関係の相談

夫名義の不動産を妻名義にする場合

Q.結婚20年以上経つと、夫名義の不動産を妻名義にすることができると聞きましたが、本当でしょうか。

 
A.今の日本では、夫婦共有の財産であっても、夫だけの名義になっていることがよくあります。
  これを妻名義にすることは、結婚20年以上たっていなくても、夫の同意さえあれば、いつでも可能です。

  ただし、これは「贈与」にあたるとして、不動産の価格によっては、多額の贈与税が課税されることになります。

  ご質問の趣旨が「結婚20年以上たつと、夫の同意がなくても、夫名義の不動産を妻名義にすることができるか」というのであれば、残念ながらこのような法律はありません。

  おそらく「20年以上」というのは、贈与税の配偶者控除のことを言っておられるのだと思います。
  すなわち、夫婦間で居住用の不動産の贈与を受けた場合は、贈与の時点で結婚生活が20年以上であれば、最高2000万円までの配偶者控除が受けられるという税法上の特典があり、したがってその金額までは贈与税がかからないということです。
  ただし、もちろん夫の同意は必要です。