1. »
  2. »
  3. » 2015年2月

2015年2月アーカイブ

「マタハラ」シンポ

マタハラシンポ201502.jpg 2015年2月21日(土)、京都弁護士会主催のシンポジウム「マタニティハラスメントを考える」に参加しました。


 ジャーナリストの小林美希さんのお話は、労働現場の極めて深刻な実態を踏まえたもので衝撃的でした。


 当事務所の福山和人弁護士からは、自身が担当し勝訴した裁判についてのお話がありました。

 事案の詳細は福山弁護士のブログ(2014年8月)をご覧ください。

 原告ご本人からも、この問題に取り組んだ当事者としての熱い思いなどをお話いただきました。


 マタハラが起こる背景には過酷な長時間労働があるのではないかとの指摘が印象的でした。

 妊娠・出産をした人が休んだりすると、その分を同僚が負担することになりさらに過重な業務負担となってしまうのです。


 今回のシンポジウムは、妊娠・出産をあたたかく受け入れることのできる職場を作るためにはどうすればよいかについて考えるよい機会となりました。

 

ひとこと

雑誌「家庭の法と裁判」

 「家庭裁判月報」(略称:家裁月報)という雑誌をご存知でしょうか。

 1949年に創刊された歴史ある雑誌で、家庭裁判所が扱う事件(離婚や相続などの家事事件、少年事件)の裁判例や調査研究が収録されていました。

 この雑誌が2014年3月に刊行終了となったのです。

 法科大学院の家族法の授業でお世話になった恩師が「家裁月報は私の愛読書です」とおっしゃっていたのを覚えています。


 弁護士になってから私も定期購読していましたので、刊行終了となって寂しさを感じていました。


 ところが、先日、うれしい知らせがありました。

 家裁月報のあとを受けて「家庭の法と裁判」(日本加除出版株式会社)という雑誌が刊行されることになったのです。

 すぐに定期購読の申し込みをしました。

ひとこと

子連れもOk! マタハラ講演会

 2015年2月21日(土)午後1時30分から京都弁護士会館にて「講演会 マタニティハラスメントを考える」(主催:京都弁護士会)が行われます。

 
 この講演会では、京都弁護士会として初めての試みがあります。

 それは、一時保育(予約制)を行うこと、さらに子どもと一緒にいながら聴講できる部屋を別途設けること(テレビ中継になると思われます)です。

 特に後者は、自分で子どもをみながら聴講できるし、子どもが少々騒いでもお互い様、気兼ねすることなく聴講することができると思うので画期的な方法だと思います。

 
 なお、当事務所の福山和人弁護士もマタハラ裁判(勝訴)の経験をふまえて講演することになっています。

 詳しくはチラシ(PDF)をごらんください。

マタハラチラシ (1).pdf

ひとこと

略歴

香川県立丸亀高等学校卒業
一橋大学社会学部卒業

香川県職員(4年間)
立命館大学法科大学院卒業

2008年
司法試験合格(新62期)

2009年
弁護士登録
京都法律事務所入所
京都弁護士会委員会所属
両性の平等委員会
憲法委員会
23条照会委員会

離婚・労働・自己破産・民事再生・任意整理
相続・遺言・一般民事・刑事など

関西アスベスト京都訴訟
ジャトコ偽装請負解雇・雇止め事件

 香川県の出身です。 実家の近所には、ため池があり、田畑が広がっています。
大学4年間を東京で過ごし、卒業後に地元の公務員になりました。
その後、法科大学院に入学する際に京都に引っ越してきました。
私は、労働条件や社会保障など生活していく上で必要な法的知識をあまり身に付けることなく社会に出ました。
幸い職場の庶務担当の人や周りの人がいろいろと教えてくださったので、支障はありませんでした。
しかし、生活に必要な法的知識を身に付けてから社会に出なければ困るのではないか、実際に困っている人がたくさんいるのではないか、と思うようになりました。
このことがきっかけで、私は「法教育」に関心を抱き、弁護士になることにしました。
今後、さらに経験を積んだ上で、何らかの形で「法教育」に関わりたいと考えています。
法律相談に来られた方が安心してご相談いただけるよう、分かりやすい言葉で丁寧に応対させていただくことを心がけています。