1. »
  2. »
  3. » 2016年1月

2016年1月アーカイブ

アスベスト大阪訴訟・勝訴判決!

  関西アスベスト大阪訴訟の判決が1月22日(金)に大阪地裁で言い渡されました。

 アスベスト規制をしてこなかった国と、アスベストを製造してきた企業に対して責任追及をしてきましたが、国に対して勝訴、原告19人中、14人に9,476万円の支払いが命じられました。

 神奈川、東京、福岡と時間が流れて判決が出るたびに、少しずつ少しずつ司法の判断は責任が認められる方向に動いてきました。


 大阪・京都の原告団、支援者、弁護団が一緒になって署名、街頭宣伝、はがき等の運動を続け、そうした地道な運動が少しずつ少しずつ世論を動かしてきました。

 4年以上の長い闘い、京都もいよいよ29日(金)が判決です。

P1030114.JPGのサムネール画像

 

大阪の勝訴判決報告集会では、来週の京都訴訟判決への期待を込めて、福山弁護士(京都訴訟事務局長)が締めくくり。


 

 緊張の1週間です。


 

       弁護士 大江智子

元妻との間の子も相続人になる?

Q、
  私は、元妻と30年前に離婚しました。子ども(1人)は妻が引き取り、その後一切連絡を取っていません。

 私は再婚し、再婚した妻との間にも子どもができました(1人)。
 再婚した妻には先立たれましたが、再婚した妻との間にできた子は、高齢になった私の身の回りの世話をしてくれています。

 私の遺産は、今私の面倒を見てくれている子どもに渡したいと思っています。

 ところで、離婚をした妻が引き取った子どもにも相続権は発生するのでしょうか。
 再婚した妻との間にできた子どもに遺産を残したい場合には、どうすればよいのでしょうか。


A、
 離婚をすれば、元の配偶者(妻)やその親族とは、法律上他人になりますので、元配偶者には相続権はなくなります。

 一方、一度形成された親子関係という身分関係は、離婚による影響を一切受けません。

 したがって、離婚をした相手方が引き取った子どもでも、離婚後連絡を取っていない子どもでも、あなたの相続人になります。
 


 おたずねの件では、元妻との間にできた子も、再婚の妻との間にできた子も、相続人になります。

 法定相続分にしたがって遺産を分割するとすれば、あなたの遺産は各人が50%ずつ取得することになります。

 あなたが再婚した妻との間にできた子に遺産を多く残したいとお考えになるのであれば、遺言書を作成する必要があります。


              弁護士 大江智子

略歴

京都市長岡京市出身
京都府立西乙訓高校卒業
北九州市立大学法学部(夜間主)に入学後、昼間は洋菓子店に勤務
2年で北九州市立大学を退学し、神戸大学法学部に編入学、同大学を卒業
同志社大学法科大学院卒業

2012年 
  司法試験合格(66期)
2013年
  弁護士登録 京都法律事務所入所

労働事件(解雇、未払賃金請求等)
離婚、男女の問題
その他家事事件(遺言、相続、後見)
一般民事(賃貸借、交通事故、債務整理等)
刑事事件
少年事件
高齢者、障害者に関する問題

 初志貫徹、中学生のときから卒業アルバムの「将来の夢」は弁護士でした。いつも初心を忘れず、常に新たな目標をもって向上していきたいと思います。

 大学生の時には洋菓子店に加えて様々なアルバイトをしていました。タイムカードは開店5分前と閉店5分以内に切り、営業時間=勤務時間という会社で働いてみたり、職場のパワハラに悩んで12月31日に帰宅し、初夢は上司に怒られる夢だったり...大した苦労ではありませんが、皆様にとって少しでも身近な弁護士だと感じていただけたら幸いです。
 真面目な人ほど仕事の責任を感じ、現状に耐えて無我夢中で働いてしまうことや現状に悩んで将来が見えなくなるとを、身をもって経験しましたが、社会にはこれどころではないもっとたくさんの違法があふれています。
 相談に来られた方と悩みを共有しながら、現状の改善だけでなくこれから先のことも一緒に考えていけるような弁護士でありたいと思っております。