1. »
  2. »
  3. » 2013年12月

2013年12月アーカイブ

法律事務所に必要な雑貨

12月26日、事務所で忘年会をしました。

レクレーションをするにあたって、新人弁護士として景品を選んできて!と事務員さんに言われ、忘年会直前の3連休に景品を探しに街中に。

景品というからには、誰に当たっても意味のある物にしなければなりませんよね。

年輩の先生に当たったら...若手の事務員さんに当たったら...と街を歩きながらいろいろ考えましたが、当たり障りのない物を探すのは意外と難しい。。。

 

結局、12月19日に弁護士登録をしてから、1週間事務所で勤務している間にこれだったら事務所で使えるのではないか?と思える物にしました。

 

そのベスト3は、

①クッション(長時間イスに座ることになるので...)

②コーヒー(仕事の合間のひとときに飲めるように)

③カレンダー(予定管理の必需品!)

です。

 

私の自己紹介クイズの景品だったのですが、正解した方が次の日事務所で使って下さっているのを見て、うれしい限りです。

この年末は大した仕事ができませんでしたが、年明けからはバリバリ働きたいと思います!皆様、よろしくお願い致します!

謝恩会

   

image.jpeg12月21日、京都修習の修習生でお世話になった弁護士、裁判官、

検察官と教官をお招きしimage.jpegて謝恩会を開催しました。

 

1次会では雨であったにもかかわらず、たくさん裁判官や指導担当

の先生方が来て下さり、思い出を語ってしんみり...

 

1年間の修習中、京都弁護士会の先生方をはじめ、ご指導いただ

いた方々 image.jpegには大変お世話になり、ありがとうございました。

 

修習地である京都で働けることは嬉しい気持ちとともに不安もあり

ますが、少しずつ頑張ります!

自己紹介

 このたび、京都法律事務所に勤務することとなりました大江智子と申します。
大学生のときに地元を離れ一度は福岡に出たものの「小倉の人とはなぜか話のタイミングが合わない...京都の方が和む...」と感じておりましたので、出身地である京都で弁護士としての第一歩を踏み出せることを大変嬉しく思っております。
 私が弁護士という職業に興味を持ったのは中学生のときです。車いすの生徒が学校にエレベーターをつけるように要請し、弁護士を通して協議をしたということを知り、弁護士って障がいがある方のためにこんな風に役に立てるのか!と興味を持ったことがきっかけです。もともと福祉の道に進みたいと思っていたので、高校3年生のときには社会福祉系の学部に進むか初志貫徹で法学部に進み弁護士を目指すか、悩んだ挙句、後者を選択しました。今、念願が叶って弁護士として勤務できることに喜びを感じるとともに、弁護士としての責任・使命を果たしたいと身の引き締まる思いでおります。
 障がいがある方のみならず、高齢者生活保護受給者などの弱者の権利に目を向けて福祉分野に積極的に取り組んで参りたいと思います。
 またプロフィールでコメントをさせていただきましたように、労働者の皆様にとって相談のしやすい弁護士になりたいと思います。
 なにぶん未熟な点ばかりかと思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

*司法修習を通して学んだこと
 司法修習生の間に、指導担当の先生の離婚と子の監護権指定の調停に同席をさせていただきました。ご依頼の方とは期日以外にも電話や事務所での相談などかなり綿密な打ち合わせをされておられましたが、数回同行させていただいた事務所から家庭裁判所までのタクシーの中で、指導担当の先生がご自身の育児のご経験を踏まえて、まだ小さいお子さんの子育てアドバイスや仕事と育児の両立の仕方を熱心に語っておられたのがとても印象に残っております。離婚をして監護権を得るだけではなく、ご依頼の方がこれからお子さんと2人でどんな人生を歩んでいかれるのかまで見越したアドバイスのように感じました。
 現在の紛争を解決するのはもちろん弁護士の仕事ですが、相談に来られてせっかく出会えた方に、人としてあともう1歩でも2歩でも歩み寄っていけるような弁護士になりたい、指導担当の先生を見てこのように感じました。

略歴

京都市長岡京市出身
京都府立西乙訓高校卒業
北九州市立大学法学部(夜間主)に入学後、昼間は洋菓子店に勤務
2年で北九州市立大学を退学し、神戸大学法学部に編入学、同大学を卒業
同志社大学法科大学院卒業

2012年 
  司法試験合格(66期)
2013年
  弁護士登録 京都法律事務所入所

労働事件(解雇、未払賃金請求等)
離婚、男女の問題
その他家事事件(遺言、相続、後見)
一般民事(賃貸借、交通事故、債務整理等)
刑事事件
少年事件
高齢者、障害者に関する問題

 初志貫徹、中学生のときから卒業アルバムの「将来の夢」は弁護士でした。いつも初心を忘れず、常に新たな目標をもって向上していきたいと思います。

 大学生の時には洋菓子店に加えて様々なアルバイトをしていました。タイムカードは開店5分前と閉店5分以内に切り、営業時間=勤務時間という会社で働いてみたり、職場のパワハラに悩んで12月31日に帰宅し、初夢は上司に怒られる夢だったり...大した苦労ではありませんが、皆様にとって少しでも身近な弁護士だと感じていただけたら幸いです。
 真面目な人ほど仕事の責任を感じ、現状に耐えて無我夢中で働いてしまうことや現状に悩んで将来が見えなくなるとを、身をもって経験しましたが、社会にはこれどころではないもっとたくさんの違法があふれています。
 相談に来られた方と悩みを共有しながら、現状の改善だけでなくこれから先のことも一緒に考えていけるような弁護士でありたいと思っております。