1. »
  2. »
  3. »
  4. » 相続の順番(順位)
岡根弁護士のぼやき論壇

相続の順番(順位)

相続は、財産のある人にしか問題になりません。ただし、財産と言っても、プラスの財産もあれば、マイナスの財産もあります。要するに、借金も相続の対象ですから、相続放棄の手続きをせずに、ぼんやりしていたら、負債だけ残った!ということにならないように注意する必要があります。

 

 プラスかマイナスかはともかくとして、誰が相続人になるのか、これは、相続の基礎ですから、知っておいて損はないと思います。

 相続人として、名前があがっているのは、配偶者、子、直系尊属(普通は親です)、兄弟姉妹(「けいていしまい」と読むようです)です(民法887、889条)。

 このうち、配偶者は常に相続人になりますが、子、親、兄弟姉妹は、順番があり、子どもがいれば、親や兄弟姉妹は相続人にはなれません。被相続人に、子どもがいない場合に親が相続人になり、両親や祖父母などがいない場合にはじめて兄弟姉妹が相続人になります。

 子どもは、被相続人の死亡時に胎児であっても生きて生まれれば相続人です(886条)。

 この相続の順番は、配偶者の相続割合に影響します。

 子どもがいる場合は、配偶者と子どもは2分の1ずつで、子どもが複数いる場合には、子どもどうしの間は平等なので2分の1を子どもの頭数で割った割合になります。

 子どもがいなくて、親が相続人になるときは、配偶者は3分の2で、親は3分の1です。両親健在の場合は、半分ずつですから6分の1ずつとなります。

 子も親(その他の直系尊属も含めて)もいない場合で、兄弟姉妹が相続人になる場合には、配偶者は4分の3、兄弟姉妹は4分の1です。複数いれば、頭割りになるのは、子や親の場合と同じです。

 配偶者は、日本の法律の下では、1人しかいませんから、頭割りになることはありません。当たり前ですけど・・・

 また、子どもが相続人の場合、非嫡出子(結婚していないときに生まれた子ども)の相続分が嫡出子の半分となってしまっています。これは、合理的な根拠の全くない規定ですので、早急に改正されることが必要です。私としては、非嫡出子差別は違憲だと思っています。

 

略歴

滋賀県甲賀郡
(現甲賀市)出身
水口東高校卒
立命館大学卒

1997年
司法試験合格(52期)
2000年
弁護士登録
京都法律事務所入所

京都弁護士会所属委員会:刑事委員会、交通事故委員会、
死刑制度調査検討プロジェクト、
市民ウォッチャー京都幹事
日弁連 接見交通権確立実行委員会
青法協京都支部事務局

趣味等
登山、野球、サイクリング、愛犬との戯れ、etc
京都弁護士会野球部所属

再審冤罪事件(日野町事件)
不正公金支出返還請求事件(同和奨学金・京都市議会議員海外旅行・同和経営指導員補助金等)
学生無年金事件
消費者被害事件
道路設置管理の瑕疵
接見妨害国賠請求事件等

一般民事事件(借地借家・不動産各種契約・交通事故・債権回収・売買等)
家事事件(離婚・離縁・相続・成年後見・遺言・親子関係・財産管理等)
労働事件(解雇・賃金未払等)
債務整理・破産申立事件等
刑事事件
少年事件
行政事件
その他

弁護士となって15年余が過ぎてしまいました。様々な経験も積ませてもらいましたが、日々新たなことに出くわし、戸惑うことも多くあります。法的にどうすることもできないこともありますが、できる限り誠実に対応できるように心がけようと思っています。
法律問題になるかどうか悩まれているときでも、とりあえず聞いてみてください。気楽に相談ができるようになりたいと思っています。

弁護士紹介TOP