1. »
  2. »
  3. » 2013年12月

2013年12月アーカイブ

ラーメン

唐突ですが、ラーメンが好きです。内輪の話で恐縮ですが、実は今、京都弁護士会内で何処のラーメンがおいしいかということで密かに盛り上がっています。ちなみに、私の一押しは「一蘭」です(京都にも支店があります)。豚骨ベースだと思うのですが、微妙に甘いスープとちょっとしたこってり感がツボにはまってしまいました。仕事で遠出したときなどは良くラーメンを食べてくるのですが、正直京都のラーメンは全国的にもトップレベルと思います(ちなみに「一蘭」は京都発祥ではありませんが...)。どこで食べても大体一定レベルを維持しているのが凄いと思います。ただ、一度だけ中京区堀川通り近くでいただいたラーメンはまずかったです。あまりのまずさにその日は体調が悪かったのかもしれないと思い後日もう一度足を運んでいただいてみましたがやはりまずかった。でもしばらく立つと不思議なことに、あのまずさを確かめたい気持ちに駆られます。意外とお客さんがいるので、ついつい「本気でおいしいと思って食べておられるのですか?」などと聞いてみたくなります。おいしいラーメンベスト3も楽しい話しですが、心底まずいと感じた一押しラーメンというのも聞いてみたいです。

参議院議員各位

憲法では衆議院と参議院で国会が構成される二院制が設けられています。衆議院とは異なる角度から改めて参議院で審議がなされることで政権与党(権力)の暴走に歯止めをかけて、多様な意見を国政に反映させることが期待されているわけです。衆議院と参議院で意見が異なることは当然憲法の予定している本来の姿なんですが、今年の参議院選挙では、一部政党やマスコミが「決められない政治」からの脱却、「ねじれ国会の解消が争点」などと宣伝・報道し、まるで両院の意見が異なることが悪いことであるかのようなイメージが植え付けられました。その結果、参議院選挙でも自民党が圧勝し、ここぞとばかりに数の力にものを言わせて強行採決の連発を行っています。今世論は特定秘密保護法について慎重審議を求める意見が多数となってきていますが、もし参議院が憲法が本来想定しているように「ねじれ」ていれば、自民党の拙速な審議と強行採決を防ぐ役割を果たすことができるのになぁと残念に思わざるを得ません。参議院議員各位には、後世で「あのとき特定秘密保護法案について賛成した議員だ」と後ろ指を指されないように政党の党議拘束というようなちっぽけなことに捕らわれない見識のある行動を強く期待したいと思います。

略歴
大阪府出身
洛北中学校卒業
立命館高校卒業

1985年
立命館大学法学部入学 薬師寺ゼミ(国際公法)

1996年
司法試験合格(50期)

1998年
弁護士登録 京都法律事務所入所

2011年
京都弁護士会 副会長

2013年
京都弁護士会 高齢者障害者支援センター運営委員会 副委員長・京都弁護士会 紛争解決センター運営委員会 副委員長

2014年
京都弁護士会人権擁護委員会委員長
日弁連人権擁護委員会
近畿弁護士連合会人権擁護委員会
日栄・商工ローン被害対策京都弁護団 事務局長
中国残留孤児国家賠償訴訟京都弁護団 事務局
シベリア抑留国賠訴訟弁護団 事務局長
青年法律家協会京都支部 事務局長
NPO法人 患者の権利オンブズマン関西常任委員などを歴任

趣味等
学生時代は中高大とソフトテニス部に所属していました。最近は小ネタ手品に興味があります。

ココ山岡事件
日栄不当利得金返還請求訴訟その他消費者事件
薬害ヤコブ病事件
中国残留孤児国家賠償訴訟
城山共同作業所事件
医療過誤事件
今西税金裁判
シベリア抑留国家賠償訴訟
新生存権裁判

弁護士として最初にかかわった事件が医療事故であったので、医療事故に関心があります。
また、最近は、裁判所から遺産分割、遺留分減殺請求や破産管財事件、成年後見事件を引き受けることが多くなっています。
法律事務所に来られる方は、精神的に追い詰められた方が多いので、ご相談をお聞きするときは、話しやすい雰囲気を作るように心がけています。また、事件のご依頼を受けた場合は、事務所のモットーである「敷居は低く、志は高く」を意識しつつ、できるだけ難解な法律用語を使わないようにして事件の進行について理解をしていただきながら、一緒に事件解決を目指すようにしたいと考えています。