1. »
  2. »
  3. »
  4. » 共謀罪(テロ等準備罪)を廃案に!
福山弁護士の「飲み法題」

共謀罪(テロ等準備罪)を廃案に!

2017-6-1共謀罪反対デモ写真.jpgのサムネール画像
 2017年6月1日、京都市役所前で共謀罪(テロ等準備罪)の廃案を求める街頭宣伝とデモ行進が行われ、私も訴えをさせて頂きました(写真は村上敏明さん撮影)。
 
 京都弁護士会は、6月1日付京都新聞に「共謀罪はいらない」という意見広告を出しました。僅か1週間程度の準備期間で230人もの弁護士が賛同し浄財を出し合って実現させました。これには多くの市民の方から「勇気をもらった」と声をかけてもらいました。

 共謀罪法案は参議院での審議が始まりました。ますます法案の問題点が浮き彫りになっています。中部電力が計画する風力発電に関する勉強会を市民が行ったところ、大垣警察署がそれを監視・内偵し、中電の子会社に情報を流すという事件が起こりました。参議院で、勉強会を行っていたのは普通の社会生活を送る一般市民ではないかと問われて、金田法相は「答弁を差し控える」という態度を取りました。共謀罪が導入される前から警察はこうした市民監視を行っているのです。共謀罪ができればそれがおおっぴらに行われるようになるでしょう。政府は共謀罪ができても一般市民は対象とならないといいますが、それならば大垣警察署の行ったことは誤りだったと認めるべきではないでしょうか。しかし警察は適正な活動だったと開き直っています。そんな警察に共謀罪という万能ツールを与えてはなりません。

 政府は口を開けば、国連のパレルモ条約を批准するためには共謀罪の制定が必要といいます。しかし、当の国連特別報告者のケナタッチ氏は、安倍首相に、国民のプライバシーや人権侵害のおそれがあることを懸念する書簡を送りました。しかし政府はそれに正面から向き合おうとしていません。国連をダシにしていると言われても仕方ないでしょう。

 自由に考え、自由に話すことを取り締まる治安維持法の現代版を許してはなりません。

略歴

京都府宇治市出身
府立城南高校卒業
高校時代は野球部に所属、3年間白球を追いかける毎日でした。

立命館大学法学部卒業
久岡ゼミ(刑事訴訟法)
1999年
司法試験合格(54期)
2001年
弁護士登録、京都法律事務所入所

2011~2014年度 京都弁護士会労働と社会保障に関する委員会委員長

自由法曹団本部常任幹事、2015年度京都弁護士会副会長

労働弁護団幹事

  • 関西建設アスベスト京都訴訟
  • ジヤトコ偽装請負解雇・雇止め事件
  • 社保庁分限免職処分取消訴訟
  • 友禅一般解雇事件
  • 駒タクシー違法配転事件
  • キャビック未払賃金請求訴訟
  • 地労委労働者委員不当任命取消訴訟
  • 京都市教組超勤訴訟
  • シベリア抑留者国家賠償請求訴訟
  • 中国残留孤児国家賠償訴訟事件訟

労働事件(解雇・更新拒絶・賃金不払い・不当労働行為など)。

刑事事件、少年事件。

一般民事事件(借地借家・交通事故・不動産・損害賠償・消費者被害など)、家事事件(離婚・相続・遺言・遺産分割など)、自己破産・債務整理・個人再生等。

憲法問題、労働問題ほか各種学習会の講師。

暗い顔で事務所に来られた方が、安心した顔をされるとこちらもうれしいものです。今後も、依頼者、相談者の方々に喜んでいただけるように、技術と感性を磨いていきたいと思います。
事件としては、だいたいの事件は取り扱います。
特に力を入れているのは、労働事件、刑事・少年事件などですが、お悩みのことがあれば、手遅れになる前に何でも気軽にご相談ください。