1. »
  2. »
  3. » 2013年12月

2013年12月アーカイブ

 12月6日に秘密保護法が成立した。世論の半数以上が反対、慎重審議を求める意見は8割を超え、廃案を求める叫びが国会を包む中、安倍首相は取り憑かれたように採決強行に突入した。

 国民主権の下では、政府の保有する情報は全て国民の財産である。権力者が都合の悪い情報を隠し、国民の判断を誤らせるような仕組みは国民主権に反する。福島原発の汚染水が「完全にコントロールされている」という安倍氏のオリンピック招致演説は、8割の国民が嘘だと思っている。しかし、嘘を暴こうとすると処罰されるのがこの法律だ。戦前の大本営発表と同じである。
 デモをテロに例えた石破幹事長、国家の安全より知る権利が優先するという考えは間違いと言う町村元官房長官、弁護士なのに法解釈が迷走しまくった森大臣など、推進した人々の知的レベルはお粗末だった。

 法案審議はわずか68時間、維新、みんなの党と合意した修正案に至ってはたった2時間。拙速を通り越して、もはや名ばかり国会だ。第1次安倍政権下で、教育基本法が改悪されたときでさえ、189時間の審議が行われた。なぜそんなに急ぐ必要があったのか、賛否の立場を超えた国民多数の疑問である。巷間言われているように、消費税増税による支持率低下の前に成立させたいということであれば、党利党略以外の何物でもない。秘密指定についてチェックする情報保全監察室などの4機関の提案は採決の2日前、NHKのキャスターですら何がどう違うのか分からないと言うほど生煮えの代物である。怒号の中、強行された参院特別委の採決は、速記録に「発言する者多く聴取不能」と記されたほどで、採決がされたかも疑わしい。10月15日に臨時国会が開会したときには法案は上程すらされていなかったし、参院選でも争点にはなっていなかった。自公に投票した人もこんなことは想定していなかっただろう。


 
 秘密保護法は内容も制定手続もお粗末極まりない稀代の悪法である。小手先の修正ではなく、廃止を目指すべきだ。安倍氏は、「成立させてしまえば国民は忘れる」と思っているのかもしれない。しかし我々は忘れまい、12月6日という日を。誰が賛成し、誰が反対したかを胸に刻んで、悪法廃止のたたかいを始めよう。

略歴

京都府宇治市出身
府立城南高校卒業
高校時代は野球部に所属、3年間白球を追いかける毎日でした。

立命館大学法学部卒業
久岡ゼミ(刑事訴訟法)
1999年
司法試験合格(54期)
2001年
弁護士登録、京都法律事務所入所

2011~2014年度 京都弁護士会労働と社会保障に関する委員会委員長

自由法曹団本部常任幹事、2015年度京都弁護士会副会長

労働弁護団幹事

  • 関西建設アスベスト京都訴訟
  • ジヤトコ偽装請負解雇・雇止め事件
  • 社保庁分限免職処分取消訴訟
  • 友禅一般解雇事件
  • 駒タクシー違法配転事件
  • キャビック未払賃金請求訴訟
  • 地労委労働者委員不当任命取消訴訟
  • 京都市教組超勤訴訟
  • シベリア抑留者国家賠償請求訴訟
  • 中国残留孤児国家賠償訴訟事件訟

労働事件(解雇・更新拒絶・賃金不払い・不当労働行為など)。

刑事事件、少年事件。

一般民事事件(借地借家・交通事故・不動産・損害賠償・消費者被害など)、家事事件(離婚・相続・遺言・遺産分割など)、自己破産・債務整理・個人再生等。

憲法問題、労働問題ほか各種学習会の講師。

暗い顔で事務所に来られた方が、安心した顔をされるとこちらもうれしいものです。今後も、依頼者、相談者の方々に喜んでいただけるように、技術と感性を磨いていきたいと思います。
事件としては、だいたいの事件は取り扱います。
特に力を入れているのは、労働事件、刑事・少年事件などですが、お悩みのことがあれば、手遅れになる前に何でも気軽にご相談ください。