1. »
  2. »
  3. » 2014年1月

2014年1月アーカイブ

 あー,冬ですねえ。寒いですねえ。寒い寒いと言っていても温かくなるわけではないので,夏に想いを馳せてみよう。

 夏といえば思い出す,のは私の場合,霧ヶ峰。霧ヶ峰は,日本のグライダー発祥の地と言われ,いわばグライダーの聖地。
 普段の訓練は,関東支部→関宿,妻沼等,東海・関西支部→木曽川・福井等,西部→久住等と支部毎にそれぞれの拠点で合宿をしているんだけど,年に2回,九州は久住と,長野の霧ヶ峰で,各支部から参加受け付けをして支部間の交流を深める合宿がある。
 特に霧ヶ峰は2回生が中心で,割と「次世代を担う若手メンバーたちの顔つなぎの場」的な要素があり,いわく言い難い独特の楽しさのある合宿だった。

 普段は公道を走れない3号ウインチを,仮ナン(臨時のナンバープレート)を取って木曽川から運転して行くのも楽しかったし(中央道は轍がすごくて,大雨だったものだから水たまりに入ると2mくらい水しぶきが上がって前が何も見えなかった),諏訪インターを降りてものすごい登り坂でウインチがエンストしそうになったのもヒヤヒヤして楽しかったし,そこで3回生のウインチマンの先輩から聞いた話

「俺さ,ここの坂下のガソリンスタンドで去年ポリタンに軽油買ってたらさあ,白いレビンがスタンドの柱にぶつかってきたんよ。中から女の子が4人真っ青な顔して転がり出てきてん。あいつら絶対あの坂フットブレーキ踏みっぱなしで降りてたんやろな~。ガハハハ・・」

も,笑えない怖い話だけど有りそうで楽しかったし(当事者の方ごめんなさい),もう何から何まで楽しかったんだけど,一番はやっぱり,これ。「パチンコ」でした。

 私たちが普段載っているグライダーは,「ソアラー」という種類。つまり,上級滑空機で,コックピットがちゃんとあって密閉されてて,抵抗が少ないよう流線型に成形されてるもの。性能が良くて簡単に高度をかせげるけど,風を直に肌に感じるわけじゃない。
 ところが,私が霧ヶ峰で初めて乗った,「プライマリー」=初級滑空機は違うんですね。翼が上にあって,その下に簡単な骨組みだけの操縦席が着いていて,飛び上がれば風を全身で受けられる。強度がなくて,強い荷重がかかるウインチ曳航なんかは出来ないから,飛ばすときはパチンコなんです。ゴムの,あのパチンコ。
 グライダーに20~30mくらいの長さのゴム索を装着して,20人くらいでわっせわっせと引っ張ります。号令で一斉に手を離すと,ゴムの伸縮力でグライダーが前に飛び出す,そのタイミングを上手く捉えて操縦桿をすうっ引くと,グライダーはふわりと数メートル,「舞い上がる」。その感じが何とも,「あ,ああっ,飛んでるっ!!」って感動で,視界がぐぐっとせり上がって,身体が軽くなって,このまま羽ばたいていけそうな,一瞬だけ軽やかな鳥になったような,・・・ホントにステキな体験でした。

 もとはと言えば,天気が悪くて(その名のとおり霧ばかりで)普通のグライダー(ソアラー)では1回ずつしか飛べなくて,時間つぶし?にみんなで順番に飛んだプライマリーだったけど,あの「フワリ」の一瞬が,いつまでも消えない夏の思い出。

hida0305_02.jpg

 

 ・・・とかほわーんと思い出してみても,ふと気付くとやっぱりここは寒い京都の冬。事務所の部屋をあったかくして,さあ,お仕事お仕事。

略歴

京都市右京区太秦で出生。3歳から富山県で育つ

1993年3月
富山県立高岡高校卒業
1993年4月
大阪大学文学部入学
大学時代は体育会航空部の活動に明け暮れる

1999年3月
2年留年の後、大阪大学文学部文学科を卒業
フリーター生活をしていた2000年11月、一念発起して司法試験に挑戦
受験時代は京都の受験予備校(伊藤塾)に通う

2002年11月
司法試験合格
1年間の実務修習を京都で経験
2004年10月
京都法律事務所 入所
2005年、2010年にそれぞれ男の子を出産し、現在2児の母

弁護士会委員会所属

【京都弁護士会】
刑事委員会副委員長
司法修習委員
検察審査会PT
死刑制度調査検討PT

【日本弁護士連合会】
刑事弁護センター幹事
法廷技術小委員会

一般民事事件(借地借家・交通事故・不動産・住宅問題・医療過誤問題など)

家事事件(離婚・相続・遺言など)

労働事件、労災事件、刑事事件、少年事件。

債務整理、破産申立事件など。

子どものころより空に憧れ、大学時代はグライダーで日本各地・オーストラリアなどの空を飛び回ってきました。操縦教官の国家資格も取得し、一時はエアラインのパイロットを目指すも受験に失敗。失意のフリーター生活の後、社会に貢献したい、常に自分自身を向上させられる仕事に就きたいと決意し、司法試験を目指しました。
今は、大地にしっかりと足をつけて、依頼者お一人お一人の悩みに寄り添い、ともに歩む弁護士でありたいと思っています。
特に、離婚・親子など女性が抱える問題に、共に悩み、しっかりした解決をお示ししたいと思います。
また、刑事・少年事件にも力を入れています。