1. »
  2. »
  3. » 2013年3月

2013年3月アーカイブ

 久し振りに,グライダーの夢を見ました。でも気持ちイイ夢ではなくて,手に汗握る夢。

 ウインチに座って,グライダーを曳航している私,でもスロットルの加減が難しくて,無線機からは「ウインチ速いぃー!」と絶叫が聞こえてきて「マズイっっ!!」と思って慌ててるところでした。あー,ヒヤヒヤした。グライダーに搭乗してたのは何故か当事務所の事務員Hさんだった,というのが何とも夢らしく不合理でしたが。

 

 ウインチの曳航というのは,ヘタをするとグライダーの操縦よりキケンで責任が重いんです。
 ウインチは,トラックの荷台の上に,直径1m強の釣り糸のリール状のドラムが載っています。荷台の上にはエンジン(排気量10000CCくらいです)も積んであって,エンジンから伸びているプロペラシャフトが回転してドラムを回し,ぐるぐると鋼鉄の索を巻き取っていく・・という仕組み。エンジンのさらに上にはトラックの運転席のような操縦席が積んであり,そこに座ってスロットルレバー(車でいうアクセル)とシフトノブ(普通に1速~6速,バッグギアがあります)を操作するんですね。
 言葉で説明すると,何ともイメージしにくいんですが,・・・うーん,まあとにかく,車の運転の要領で,左足でクラッチレバーを,左手でシフトノブを操作して,違うのはハンドルがないことと,アクセル操作が右足ではなくて右手になる,という状態です。
 
 無線で「阪大ピスト380(さんはちまる・機体のナンバーです)準備よし,出発用意」の声がかかると,ウインチマンは「ウインチ出発用意」と告げてギアを4速に入れ,ワイヤーで繋がっている遙か1km先のグライダーを睨みながら徐々にクラッチをつなぎます。ドラムはゆっくり回転を始め,蛇行している余分な索を巻き取っていきます。このときは,いわゆる半クラッチの状態。余分な索が巻き取られて,ウインチとグライダーの間の索がピンと張ると,ドラムはぐっと重くなります。引っ張られてグライダーもぐっ,とかすかに動く。その瞬間を捉えて,グライダーの真横にあるピストから,「380,出発しゅっぱーつ!(ナゼか2回言う)」の無線がかかるとウインチマンは「ウインチしゅっぱーつ」,スロットルを上げながらなめらかにクラッチをつなぎ,完全に繋がればスロットルを足していく。グライダーはぐいぐい引っ張られていき,時速50~70km/hの失速速度(機体や搭乗者の重量によって違う)に達すると,ふわりと浮き上がって徐々に機首を上げていきます。
 この,曳航初期が特に緊張するんですね。早くスロットルを足しすぎれば,「ウインチ速い!」と絶叫されるし,遅すぎると,グライダーが低い速度で地面近くにいるわけですから,失速でもすればグライダーは地面に激突してしまう。
 曳航中期に入ると,空を上がっていくグライダーの動きをよく見上げながら,同じテンポで上がっていくようスロットルを維持します。グライダーを見上げる角度が60~80度くらいまで上がってくると,そろそろ離脱,索の切り離しの準備。グライダーが機首を押さえて滑空姿勢に移行するのにあわせてスロットルを抜いていき,最後はアイドリング状態になって離脱。グライダーから離れた索を今度はスロットルを上げてぎゅんぎゅん巻き取っていきます。索の先端には落下速度を落とすためのパラシュートが付いていて,その開き具合が悪いとものすごい速さで索が落ちてくるのでそれも見ながら,速さを調節しながらの巻き取りです。ウインチの手前50mくらいのところに索の先端パラシュートがぱさりと落ちれば,それでようやく曳航終了。
 ウインチマンが1人しかいない,というような状況だと,これを朝から夕方まで1日50~70回,繰り返すわけですね。

 なにしろ,直径5ミリの鋼鉄の命綱1本でグライダーを支えていて,それをウインチマンただ1人が預かっているわけですから,むちゃくちゃ緊張します。初ソロより,ウインチを最初から最後まで初めて1人で引いた初曳航の方が,なんぼ緊張したかわかりません。
 曳航中期で速く曳きすぎて,危険を感じたグライダーが「ウインチ速い,ひゃ,ひゃくよんじゅううぅ!!(グライダーのウインチ曳航限界速度は140km/hくらいです)」と叫んだ後ぶちっと自ら索を切り,そのまま直線でウインチ手前50mの距離に着陸。後席から頭に湯気を立てた教官が降りてきて,ウインチマンに駆け寄りながら「オレを殺す気かぁ~!!」と叫んだというオソロしい話もあります。

 いえ,曳いていたのは私ではありません,くわばらくわばら。

 

 でもほんとに,曳き方によっては人を殺せてしまうんですよね,ウインチって。その場合,業務上過失致死かなあ,これって業務性あるんかなあ,などと法律家的なことを考えつつ,ウインチマンとパイロットの呼吸がぴたりと合ってその日最高の離脱高度を獲得したときのゾクゾク感を思うと,またいつか曳いてもみたいなあなどと思う私でした。

裁判員裁判,無罪確定・・の模様。

2月26日に判決のあった,私が担当した殺人未遂の裁判員裁判,心神喪失で無罪となっていました。

本日が控訴期限でしたが,検察官からの控訴はなく,どうやら確定したようです。

統合失調症という病気に対して,裁判員の皆さんに理解をして頂けるか不安でしたが,

丁寧に事実を確認し,事案に即した理性的な判断をして頂けました。本当に感謝です。

 

弁護人としても,今後の治療や周囲の理解・協力体制の確保に,サポートを続けていきたいと思います。

略歴

京都市右京区太秦で出生。3歳から富山県で育つ

1993年3月
富山県立高岡高校卒業
1993年4月
大阪大学文学部入学
大学時代は体育会航空部の活動に明け暮れる

1999年3月
2年留年の後、大阪大学文学部文学科を卒業
フリーター生活をしていた2000年11月、一念発起して司法試験に挑戦
受験時代は京都の受験予備校(伊藤塾)に通う

2002年11月
司法試験合格
1年間の実務修習を京都で経験
2004年10月
京都法律事務所 入所
2005年、2010年にそれぞれ男の子を出産し、現在2児の母

弁護士会委員会所属

【京都弁護士会】
刑事委員会副委員長
司法修習委員
検察審査会PT
死刑制度調査検討PT

【日本弁護士連合会】
刑事弁護センター幹事
法廷技術小委員会

一般民事事件(借地借家・交通事故・不動産・住宅問題・医療過誤問題など)

家事事件(離婚・相続・遺言など)

労働事件、労災事件、刑事事件、少年事件。

債務整理、破産申立事件など。

子どものころより空に憧れ、大学時代はグライダーで日本各地・オーストラリアなどの空を飛び回ってきました。操縦教官の国家資格も取得し、一時はエアラインのパイロットを目指すも受験に失敗。失意のフリーター生活の後、社会に貢献したい、常に自分自身を向上させられる仕事に就きたいと決意し、司法試験を目指しました。
今は、大地にしっかりと足をつけて、依頼者お一人お一人の悩みに寄り添い、ともに歩む弁護士でありたいと思っています。
特に、離婚・親子など女性が抱える問題に、共に悩み、しっかりした解決をお示ししたいと思います。
また、刑事・少年事件にも力を入れています。