1. »
  2. »
  3. » 2010年7月

2010年7月アーカイブ

引っ越しの悪夢

この間,全然更新ができていませんでした。その理由は・・・・引っ越し。

子どもが2人になり,家が手狭で引っ越したのですが,ホント大変ですね,引っ越しって。

数えてみたら,私の生涯で10回目の引っ越しなんですけど,今までは親の引っ越しに着いて行くとか,単身で動くとかばかりだったのが,今回は家族の引っ越しを自分が中心となってやらないといけないから,過去最高の大変さ。ようやく生活できる状態にはなったんですが,まだ寝室に段ボールが18箱,本の詰まった段ボールが21箱・・・。当分,段ボールに押しつぶされる悪夢を見そうです。

ちなみに,裁判官・検察官・弁護士の法曹3者のうち,転勤がない弁護士は一番引っ越し回数が少なそうですが,それでも修習中に4回くらい引っ越しを経験してる人が多いと思います。研修所のある埼玉県和光市に行くのが1回,前期修習を終えて実務修習で各地に散らばる時が1回,実務修習後和光に戻って1回,その後就職地に引っ越して終わり。

もっとも,司法修習制度が変わってきているので一概には言えませんが・・・。

 

米国人留学生との交流

 昨日お話ししてた,米国人留学生との交流講義を終えてきました。

 今年で3回目だけど,私も日米の法制度や考え方の違いがわかって勉強になる。特に,わかりやすい日本語で話そうと頭の中で組み立てることによって,自分自身の考えが整理されるのが楽しい。裁判員制度では,「専門家の裁判官の意見に裁判員が影響されたりして問題になったケースはないのか」なんて,スルドイ指摘も出たりして,関心・意識の高さを感じた。

 また来年以降も参加できたらいいな。

ただいま仕事中。

 ブログ初更新。ちゃんとできるかドキドキである。

略歴

京都市右京区太秦で出生。3歳から富山県で育つ

1993年3月
富山県立高岡高校卒業
1993年4月
大阪大学文学部入学
大学時代は体育会航空部の活動に明け暮れる

1999年3月
2年留年の後、大阪大学文学部文学科を卒業
フリーター生活をしていた2000年11月、一念発起して司法試験に挑戦
受験時代は京都の受験予備校(伊藤塾)に通う

2002年11月
司法試験合格
1年間の実務修習を京都で経験
2004年10月
京都法律事務所 入所
2005年、2010年にそれぞれ男の子を出産し、現在2児の母

弁護士会委員会所属

【京都弁護士会】
刑事委員会副委員長
司法修習委員
検察審査会PT
死刑制度調査検討PT

【日本弁護士連合会】
刑事弁護センター幹事
法廷技術小委員会

一般民事事件(借地借家・交通事故・不動産・住宅問題・医療過誤問題など)

家事事件(離婚・相続・遺言など)

労働事件、労災事件、刑事事件、少年事件。

債務整理、破産申立事件など。

子どものころより空に憧れ、大学時代はグライダーで日本各地・オーストラリアなどの空を飛び回ってきました。操縦教官の国家資格も取得し、一時はエアラインのパイロットを目指すも受験に失敗。失意のフリーター生活の後、社会に貢献したい、常に自分自身を向上させられる仕事に就きたいと決意し、司法試験を目指しました。
今は、大地にしっかりと足をつけて、依頼者お一人お一人の悩みに寄り添い、ともに歩む弁護士でありたいと思っています。
特に、離婚・親子など女性が抱える問題に、共に悩み、しっかりした解決をお示ししたいと思います。
また、刑事・少年事件にも力を入れています。