1. »
  2. »
  3. » 2009年12月

2009年12月アーカイブ

我が家は車を2台所有している。もともと1台、某フランスの自動車メーカーの車を持っていたのだが、これが相次ぐトラブルで(命の危険があったこともあります。どないなってんねん、プ●ョー!!)懲りてしまい、今年の1月に廃車に。
 ちょうどそのころ配偶者の実家が2台ある車を新車1台に乗り換えることになり、廃車にするよりはということで譲り受けたのである。

 先頃、ある夜に我が配偶者から携帯メールが入った。
 曰く、件名「ヴィッツ」本文「バッテリーが上がってしまっています。ライトを切り忘れたんだと思います。」ちなみに、この日ヴィッツに乗っていたのは私ではない。

 仕方がないので、翌日私は元気な方の車でオートバックスに行き、ブースターケーブルを買ってきた。我が家にはなかったからである。
 念のため説明しておくと、ブースターケーブルとは+用と-用に別れた2本の太いケーブルであり、それぞれ両端がクリップ状になっていて、車のバッテリーの電極につなげるようになっている。要は、バッテリーがあがっちゃったときに、元気なバッテリー(主に他の車のバッテリー)と繋いで、動かない方の車のエンジンを掛けるためのケーブルである。

 航空部時代、ランウェイで曳航策を引き戻すために使うリトリブ・カーのほとんどは、廃車になった車をタダでもらって使っていたため、バッテリーがまともな車は希少だった。必然、ブースターケーブルも
しょっちゅう使うことになる。
 そんなわけで、ブースターケーブルを久しぶりに手にした私は懐かしさを覚えたのである。
 その日、帰ってきた配偶者に「ブースターケーブル買ってきたよ」と告げると、「僕はやったことないからやり方わからんなあ」。大丈夫、期待はしていませんでした。でも、「今日はもう暗いし、明日朝
イチでエンジンかけるから、手伝ってね。2人いた方が早いから」と言っていたのに・・・案の定、疲れている我が男性配偶者は、朝声を掛けるも起きられず。
 仕方がないので1人で両方の車のバンパーを開けて、バッテリーのカバーを外して、ケーブル繋いでかけましたよ、エンジン。

 このように我が家では、社会通念上「男性の役割」と思われていることの多いであろう、車のことやスパナ・ドライバーなどの工具を使用する作業にかけては、割と女性が引き受けることが多いのである。
 もっとも、こうした社会内の暗黙の期待に対しては、作家のCBDブライアン氏が『グレート・デスリフ』(村上春樹・訳)の中で、「男性生殖器をひと揃い持っているからと言って、何で車のトランスミッションが直せると思うんだ?」と不服の声を上げており、非常にもっともなところである。
 だから私にも、「女性らしい」気遣いや繊細な挙動(事務所内でゴミ箱を蹴飛ばさずに歩く、など)は、どうか期待しないでください。

 なお、配偶者の名誉のために断っておくと、我が配偶者は子どもの離乳食も作ればホワイトシチューは小麦粉とバターから作るという人であり、ちょっとでも重い荷物は全部持ってくれるという一面もありますので、あしからず。

 

略歴

京都市右京区太秦で出生。3歳から富山県で育つ

1993年3月
富山県立高岡高校卒業
1993年4月
大阪大学文学部入学
大学時代は体育会航空部の活動に明け暮れる

1999年3月
2年留年の後、大阪大学文学部文学科を卒業
フリーター生活をしていた2000年11月、一念発起して司法試験に挑戦
受験時代は京都の受験予備校(伊藤塾)に通う

2002年11月
司法試験合格
1年間の実務修習を京都で経験
2004年10月
京都法律事務所 入所
2005年、2010年にそれぞれ男の子を出産し、現在2児の母

弁護士会委員会所属

【京都弁護士会】
刑事委員会副委員長
司法修習委員
検察審査会PT
死刑制度調査検討PT

【日本弁護士連合会】
刑事弁護センター幹事
法廷技術小委員会

一般民事事件(借地借家・交通事故・不動産・住宅問題・医療過誤問題など)

家事事件(離婚・相続・遺言など)

労働事件、労災事件、刑事事件、少年事件。

債務整理、破産申立事件など。

子どものころより空に憧れ、大学時代はグライダーで日本各地・オーストラリアなどの空を飛び回ってきました。操縦教官の国家資格も取得し、一時はエアラインのパイロットを目指すも受験に失敗。失意のフリーター生活の後、社会に貢献したい、常に自分自身を向上させられる仕事に就きたいと決意し、司法試験を目指しました。
今は、大地にしっかりと足をつけて、依頼者お一人お一人の悩みに寄り添い、ともに歩む弁護士でありたいと思っています。
特に、離婚・親子など女性が抱える問題に、共に悩み、しっかりした解決をお示ししたいと思います。
また、刑事・少年事件にも力を入れています。